スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余韻の中で・・・

無事(?)日本が優勝したWBCなんやけど、韓国のマスゴミは相変わらず「日本は卑怯だった」論調全開やね。2盗した韓国人選手のヘルメットが割れたんも、「中島がのかなかったから」。おぃおぃ、そもそも2塁へ突っ込む時にヘッドスライディングってどうよ!普通足からでしょ。突っ込み方間違えたら脱臼する恐れもあんのにね。選手としてそういう自覚があらへんこと自体が、「2流」。
で、日本が盗塁した時にダブルプレーを崩させようと2塁ベースカバーに入った選手へスライディングしたら「卑怯」。ダブルプレー崩しは当たり前やろ。
で、試合後の記者会見で「イチローと対戦したのが敗因。ベンチからはサインを出していたし、キャッチャーは分かっていた」などとほざくし。あのね、自分たちの中では「イチロー敬遠」は無かったでしょ。イチローは調子が悪いと思っていたやろうし、「ここでイチローを3振にとって・・・」と思ってたんやって。なんでか?だってキャッチャーが分かってたんやったら、何でコースを外す素振りが一切あらへんかったん?あの時キャッチャーは普通に構えて、普通に対決してたで?にも関わらず、ベンチの意図が選手に伝わってなかったことが敗因て・・・どんだけ苦しい言い訳やねん。
前大会ではキューバ戦の後は日本選手とキューバ選手が写真を撮影してましたが、今回は全くその空気なし。当たり前やね。日本は「ダーティサムライ」だそうですから(中央日報)。前回の大会でもあったなぁ、試合開始直前のオーダー変更。「紳士的な」という表現事態、韓国の方々に申し訳ないが使って欲しないわ。アンタらに言われたない。何せ一番非紳士的やから。あの、別に日本を悪役にしてもええです。ただ、世界の嫌われモンは「韓国人」ですということをもっと自覚してくれたら・・・無理か。そんなんできてたら、ここまで嫌われてへんか。
とにかく敗因は「相手が卑怯やから」。自分たちに敗因はあらへん。結果ばっかしを求める。日本人ノーベル賞学者が出た時もそう。韓国の反応は「なぜ韓国人ノーベル人学者がいないのか。韓国政府は2015年をめどに韓国人ノーベル賞学者を輩出することを目的として・・・」みたいな感じ。科学の進歩を目標として、結果としてノーベル賞があるんやけど、韓国はちゃう。ノーベル賞は獲るためにあって、科学の進歩などはどうでもええ。ただ「韓国人はノーベル賞を獲ってへんとおかしい」というプライドはある。それは特に「日本人ができているのに」というレベル。全くもって意味不明。

こんな意味不明なプライドを持つくらいやったら、日々の研究に打ち込んでもらいたいもんです。
材料を日本から買って、韓国内で組み立てて輸出している産業構造。不況にめっぽう弱い。ましてや組み立てくらい中国でもベトナムでも上手にやるわ。付加価値がなくなってる。材料はすぐ作られへん。ほなら、何かもっと付加価値を生む活動をせなアカンねけどな。普通は。しかも、組み立て工程を海外に持ち出そうとしても、組合が強すぎて無理。経営層も板挟み。

日本(特にマスゴミ)は「隣国」とか「隣接国」とか言うて友好的な記事を書こうとすんねけど、あの・・・無理です。友好的な関係を相手が望んでへんから。マスゴミに関係なくそういう「事実」を踏まえて皆さんも付き合い方を考えましょ。

あくまで一般論ですよ。ウチにも韓国人の友達はいてます。ごっつええ人ですよ。
スポンサーサイト

お疲れ様。それにしても・・・

WBCは無事(?)日本が優勝したなぁ。結果オーライやけど、やっぱし野球っちゅ~スポーツの特徴が分った大会やったね。韓国と5回対戦。もうちょっとチーム増やしなはれ。それか総当りで3戦先勝、優勝決定戦だけ5戦先勝。そやないとアカンわ。一発勝負やとど~もピッチャーが強いチームが勝つ。日本と韓国も5回やったら日本が勝つでしょ。ピッチャーの層の厚さはアメリカとトントンか、ひょっとしたらちょっと高いくらいやし。他の国と比べたらアカン。「打線が!」言うても3割やん。
準決勝ラウンドが始まる時の報道なんやけど、ある番組では「海外ではどう取り上げられているのでしょうか。アメリカのESPNでは韓国が世界最強と言う記事を掲載しています。」と言うアナウンサー(?)のすぐ後ろに張られたボードには「中央日報」って。おい!中央日報が出した、「ESPNのコメント」ってどんなんやねん!それは中央日報のコメントやろが!韓国の中央日報がどんなメディアか。それは普段ウチが「マスゴミ」と非難し続けてる日本のマスメディアと比較にならんくらい、ゴミ。ま、存在価値はゼロやね。零やなく、ゼロ。平気で捏造するし。この大元のESPNの記事かって、あるESPNの記者が出したコメントであって、ESPNの・・・ちゃうからね。それにしてもびっくりしたわ。ESPNのコメントが中央日報から出てるって。英語読めるヤツくらいおるやろ。ESPNの大元から引っ張ってこいよ。記事の内容の殆どがダルビッシュに関連する記事やから(笑)。そこにほんの一部触れられてたところを中央日報が拡大に拡大しまくって、日本で報道。アホらしい。
それにしても韓国の野球は雑。例えばツーアウトでランナー一塁。この状況で走られて牽制するか?走らせるやろ、普通。ダブルプレー崩しにスライディングするんも当たり前。それを「非紳士的」やて(笑)。世界的に見て思い切り「非紳士的」(例えばニュージャージで後フルコース周るんに「韓国人はノーサンキュー」と一緒に周るのを拒否されたりしてる)で通ってる韓国人様に言われたないなぁ。デッドボールになろうと脚を出してくる方々が今更何を?マウンドの上に韓国旗を立てて世界中から失笑を買ってる韓国人様が何か?その失笑を買ってる事実を見ずに改めて韓国旗を立てたアホが何か?
勝とうが負けようがええ後味があらへんのが韓国戦。もう勘弁して欲しいわ。こっちが正々堂々としても、あっちが言いがかり付けてきよるし。全て「**あるべき。**のはず。」の世界。
ま、どうでもええですけど、頑張って世界のヒール役を貫いてくらはい。

モータースポーツって・・・

もぉ言うてる間にF1が開幕すんねけど、去年から今年にかけてモータースポーツ界には大きなニュースが多かったな。三菱のパリダカ撤退やら、スバルのWRC撤退、ホンダのF1撤退などなど。それら悪いニュースから見えるんは、「モータースポーツって何?」ということ。
メーカーにとって「モータースポーツ」言うたらマーケティング方法の一つやし、技術陣としては一つの開発目標やね。それは解るやけど、「その価値があるんか?」と聞いて、明確に「ある!」と断言できる業界者は少ないと思うねんな。実際に、F1の技術が量産車にフィードバックされてるとも到底思われへんし、F1で優勝したから、ほなそのメーカーの車買おか、ともならん。全く別世界やと多くの人が認識してる。もちろん、「知名度」という効果はあるやろうけど、その引き換えにかかるコストは尋常やないし、勝つチームに関係しとかんと殆ど放映されへんからな。
もう一つは、モータースポーツが競ってるんは、ドライバー(人)か、車か。観たい人は何を見てるんか。早い車を観てるんか、上手いドライバーの技術を観てるんか。結局F1にしてもF1好きの良く話しのネタになるんが、「歴代最高のドライバーは?」っちゅ~ネタ。誰が一番のドライバーかを観たいんやったら、今のF1は終わってるわ。車の技術だけである程度決まるからな。強いチームに行けばある程度勝てる。弱いチームにいてたらどんなドライバーでも勝てへん。それだけのこと。セナとシューマッハはどっちが早いか。スチュワートとマンセル。ハミルトンがどれだけのドライバーか。トラクションコントロールもパドルシフトもあらへん時代の車を操作してたドライバーと、今のドライバー。どっちがより大変か。より瞬時の状況を判断しつつ走行せなアカンか。もちろん、応えは昔のドライバー。
今の自動車メーカーでF1で培った技術を量産車に転換できてるんはフェラーリくらいでしょ。しかもフェラーリやから年間数千台、いっても数万台のレベル。もちろん、全てスポーツカー。全て2000万円超。当たり前でしょ。そやから言うて「F1で技術を磨いて・・・」は嘘。全く無意味。金の無駄遣い。利権絡みのあんな組織即効解体せなアカンと思うねけどね。ま、無理でしょうけど。
ドライバーを比較したかったら、同じ車のシリーズ戦にしたらええねん。F3とかそやけどね。ワンメイクの車両でドライバーが腕を競う。アメリカの自動車レースはこの比較的この種に近いかな。
以前にも書いたように、ル・マンのように東洋の自動車メーカーを小バカにしたような運営してる自動車レースが「伝統」やらを謳わんようにして欲しいね。何様じゃ。出来レースを金かけてすんな。
マスゴミも取り上げ方を変えたらええのにね。別の視点からレースを観たら、もっと面白いと思うねけどな。

応援してんねけど・・・ねぇ

え~、前回のアップから間があったんやけど、その間にWBCの第2ラウンドが始まったね。前回にも書いた通り、私個人的に応援はしてんねけど、期待はしてへん。無理やと思ってる。で、その通りに事が運びそうになってる。まぁ、応援を続けるということで。

今回のWBCで明確になったんは、一つは「野球」というスポーツ特有さ。それは「1試合で決めるには無理がある」ということ。二つはWBCは何が目的か、ということ。
一つ目の「1試合で決めるには無理がある」ということは、各リーグともにプロは1シーズン140試合、160試合してるという事実。それとプレーオフに入っても、マッチアップの結果は3戦先勝の5試合制で、準決勝などからは4戦先勝の7試合制。何故?1試合では決めきれないという判断やからちゃう?にも関わらず国際試合は基本的に1発勝負。だから波乱も起こり易いし、注目される(のかも)。野球の本質はどこやろ?1発勝負の波乱含みの醍醐味を本質としたら、140試合もいらん。プレーオフも1試合ずつでええ。逆やと国際試合も少なくとも3戦先勝の5試合制を導入せなアカン。今はそのリーグと国際試合とのギャップが大きいねん。もちろん、リーグに合わせた複数試合をする場合、大リーグが一番安定した強さを発揮すると思うねん。で、次は日本のリーグやろうね。日本のプロ野球は大リーグのファーム的存在で、韓国や台湾リーグは日本のファーム。その構図は変わらへんし、それが現実。
ま、韓国さんが試合結果で一喜一憂するんは勝手やねんけど、何か日本を悪役に仕立てて応援してんのは気に入らんな。自分等国民性の程度の低さを世界にアピールしてるだけやねんけど、もちろんその実感は本人等にはあらへん。ごめんやけど、低俗やね。

第二の「WBCの目標」なんやけど、野球を世界に広めたい?同じ顔ぶればっかしで毎回やる?どっちやろね。世界に普及させる=世界最強≠アメリカ、になるということなんよ。けど、田舎モンアメリカ人にとって、それは許されへんねん。恐らく。そやから、大リーグ選手の特別ルールなんぞ存在すんねん。WBCの活躍云々よりも、大リーグとしての価値が重要。ピッチャーの練習までキッチリ監視されてる状況。投球数や間隔日数なんかも全てチェック。こんなんな、サッカーで言うたら、代表チームでのプレータイムを制限するようなモンや。例えばクリチャーノ・ロナウドがポルトガル代表として試合する時に、マンUが「ロナウドは1試合当たり、25分以上ピッチに立たせるな」と言うようなモン。有り得へん。「代表」の方が「マンU」よりも看板として格上なんよ。それがWBCにはあらへん。明らかに各リーグが格上やし、チームが上。それではねぇ。

回数を重ねていくことで解決できるんかもしれへんし、解決されへんかも。解決でけへん見通しが立った時点で、WBCの価値も消滅することになるから、それでLa Finやね。どうなることやら・・・。

期待してる?

開幕したWBCやけど・・・皆さん期待してんの?
ウチはハッキシ言うて期待してへん。っちゅ~か、期待でけへん。
野球のスタイルで言うたら、日本の野球は打線の野球。ピッチャーが失点するよりも、多くの点数を取ることが求められる。そやけど・・・それだけ点取れると思う?所詮打線なんぞ3割ええとこやろ?ええピッチャーがおるチームが短期決戦では強いねん。明らかに。投手陣と打線の調子の波で言うたら、打線の波の方が大きいしペースも速い。ある試合で爆発しても、次の試合には沈黙・・・っちゅ~のもしょっちゅ~や。で平均したら3割。確かに、その打線が繋がったら1回目の韓国戦みたいなんも起こるんやけど、あれは稀。でもって、今日の試合。見ての通り。
打線で言うたら、キューバの方がもっと強力やし、アメリカも強力。さて打ち勝つことができるか?答えはノー。無理やね。ましてや、アメリカは「断った選手も多い」選抜。負けても言い訳がある。それに対して日本は「負けられへん」選抜。これ以上あらへん大リーグ選手も加えた布陣。逆にそれがプレッシャーにもなってるはず。韓国に対しても同じ。負けたらおかしいねん。やのに負けてる。2位通過。前回の逆やね。韓国が日本に勝ち越してるけど、優勝は日本。今回は韓国はコールド負けしているけど、2回目で1点差でも勝ったから、1位通過。
別に日本に負けて欲しいと思ってるんちゃう。もちろん、勝って欲しい。けどなぁ、何となく戦略が甘い気がすんねんな。それが残念で。もちろん、応援してます。

そやけど、野球てホンマにええ加減なスポーツやな?球場の大きさもマチマチ、正式ボールも国によって異なるし。例えばワールドカップサッカーやバレーボール言うたら、大会で使うボールがオフィシャルに決まるわな。ほなら、一斉に出場チームにそれが提供されて、練習開始や。ところが、野球は全てローカル任せ。入手したかったら、勝手にボールを買って練習しなはれ。で、アメリカは入手どころか、その辺にあるボールがオフィシャルボール。公平もクソもあらへん。そんなんでアメリカ人投手の調整が遅れてるとか言うたらしばきやで。

今後WBCが世界的イベントにしたいんやったら、「国際ルール」を明確化する必要があるやろね。別に大リーグのやり方を真似せんでええ。全く独自も無理やとは思うけど、中立の「国際ルール」ね。それがあらへん限りは真の国際化は無理やわ。ま、球場の建て替えは今更無理やろうけどね~。

ということで、WBCはそう真剣にならんでええよ。企画倒れになるから(笑)。少なくとも、最初の目論見とは異なる結果になると思うわ。

相変わらず・・・

フィリピン人一家の強制送還についてのニュースが流れたけど、古館は「法務省の考えは杓子定規。もっと臨機応変に対応しないと」とコメントしてたな。
先ず第一に、不法入国していたことに対してきっちりと罰則する必要があるやろ。これは不法滞在者への態度を示すことにもなるし。「子供は滞在を認めるのに、家族のは認めない。それは冷酷ではないか?」ともアホ館は発言してんねけど、ほなら不法滞在者が日本に入国後、子供をつくれば認めるのか?そういう問題ではない。不法入国はれっきとした犯罪であり、それに対しては厳罰に対処する必要がそもそもある。その後に発生したことに対して、滞在を認めるのはかなり「臨機応変」に対応したと言えなくもない。家族が帰国後、改めて日本に入国することに対しても寛大に対処する、とまで言っている。「そこまでするなら、もう一歩」とアホ館は言うてるけど、それで十分。選択肢は親側にある。どちらを選ぶも親が決めたらええ。そもそも、不法入国を選んだんも本人や。
情だけで判断する典型的なコメントやね。ある一つの事情だけを見て「もっと法律を変えたら」とか発言する。短絡的で奥行きの全くあらへんコメント。それが年間数億円ももらってる(?)アナウンサーの言うことかいな?それこそ、情けないわ。

目くそ鼻くそ

小沢氏の秘書が逮捕されたね。で、自民党議員はパーティ券やら献金やらを次々と変換し始めた。で、それでOKなん?何の問題もあらへんとでも?ほなら、逮捕される、されへんの違いは何や?献金の金額か?ほな、その線引きはどこや?明確にあるんか?
小沢氏の記者会見もたいがいやけど、自民党議員の言い訳ももっと見苦しいな。まぁホンマに目くそ鼻くそやな。どっちが目くそやろ(笑)。
あんまし喋りたくもないんで、この辺で。

ブランドって?

映画「おくりびと」がアカデミー賞を受賞してからえらい注目されてんなぁ。そこでふと思たんが、人は何を見て判断してんねやろか?ということ。はっきし言うて、「おくりびと」の集客はさっぱり。当然公開当初はそこそこやったけど、10月、11月と下降線を辿ってったんやね。そこに来てこの受賞。翌日からは映画館が満席。ふ~~~ん。ほな、今までは何やったん?見た人は特に感動もせず、他人に勧めることもなく・・・やったんやね?それが受賞と聞いた途端、足を運ぶ。「アカデミー賞を受賞した映画」を観たいのか、「おくりびと」が観たかったんか。間違いなく前者やね。で、出てきた人に話を聞くと「ごっつ良かった」というんが多数になるんやろな。「ごっつ良かった」んは「おくりびと」なんか、「アカデミー賞を受賞した映画」なんか?恐らく後者。
結局民衆が認めてるんは「アカデミー賞」という「ブランド」であって、映画そのものとちゃうんちゃう?ある意味サブリミナル効果。マインドコントロール。「アメリカのあの(映画の)歴史あるハリウッドでアカデミー賞を受賞するっちゅ~ことは、スゴイこと。ええ映画のはず」この思い込みが今の混雑を生んでると見るんが正解やね。で「ええはず」と思ってみてるから、「やっぱり」良かったとなる。

ここで見えるんが「アカデミー賞」。このような効果を見てたら、アカデミー賞はマーケティングツールやね。誰がどのような判断をしてるんか。ここまで映画業界に影響を与えるということは、逆にロビー活動の対象にもなり得るし、ある意味ローテ組んでる可能性もあんなぁ。今回は日本ね。ほな、次はイスラエル・・・のように。

「人は個々に判断できるのか?」

何か永遠の課題みたいやな。例えば電化製品の場合「仕様」、「ブランド」、「価格」の中でバランスを皆持ってるんやろね。その「ブランド」の中に「**賞受賞」というのも入ってるんやと思う。

あ~あ、何書きたかったんか忘れても~た。ま、自分の「目」を鍛えましょ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。