スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核の抑止力

北朝鮮が核実験を成功させて、その後は立て続けにミサイル発射。日本海に落下してるみたいやね。ただ、前回の日本上空を通過するミサイルの時とはちごて、マスゴミも「あ、そんなんあったね」的な扱い。今回そういう事実があったんも知らん人多いんちゃうかな?

まぁ、それは置いといて。さてこの北朝鮮。どうしましょうね。日本や欧米は経済制裁を発令してるみたいやけど・・・効果はあるんかいな?正直言うて、北朝鮮に一番ええんは「完全無視」ちゃうか?ミサイルを発射しようが、核実験をしようが完全にシカト。マスゴミが総スカン食らわすねん。極端に言うたら、地図上からも削除したらええねん(笑)。拉致被害者やその遺族の方々には申し訳ないねけど、もし生存してても帰ってくる可能性は限りなく低いと言わざるを得んね。で、その拉致被害者を口実に今物資や金で取引してる場合やないんよね、正直言うて。あの国と「交渉」とか「取引」は成立せぇへんのよ。向こうは成立させる必要もあらへんし、させる気もあらへん。6カ国協議を見ててもそれは明白やろ?
もちろん、その強気にさせてるんは核開発。核の抑止力は実際に持ってる、持ってへんよりも、持ってそうと思わせただけで有効やねん。北朝鮮がまさにその状況やろ?ホンマに持ってるんか?弾道として使える核を技術として持ってるんかは不明。そやけど、持っててもおかしないところまで来てるんは分かってる。ほならそれだけで「核の抑止力」になるんよ。それを盾に交渉するんやね。

そんなんに一々付き合ってる暇は正直あらへんし、付き合う必要もあらへん。日本はさっさと敵国に対して対策をとらなアカンねん。北朝鮮籍の船の入港を断るとかやなくて、イージス艦の配備やミサイルシステムの導入、戦闘機を配備などね。極端に言うたら、核装備もしたらええと思います。はっきし言うて世界で核を使ってもええ国は日本だけです。唯一の被害者で、その悲惨さを体感してる国やからね。アメリカはもちろん被害状況は把握をしてるんやけど、それはあくまで「有効性」という視点での把握であって、悲惨さの把握ちゃうからね。被爆者はどうでもええんですわ。

訪欧したオバマ米大統領の演説で核の廃絶云々を聞いたときには「アンタが言いな」と思たわ。地球上を何回も壊滅させるくらいの核弾頭を所有してる国の大統領が、開発しようとしてる国に対してそんなん言うてもねぇ。「アンタの気が狂って核を使う可能性もあるやろ」くらいにしか聞いた側は捉えへんし。パキスタンやインド、中国、イラク・・・強引に核を開発した方が発言力、影響力が増すんは明白やねん。それを横目に「アメリカに言われたから・・・」言うて諦めるアホおるか?日本を除いて(爆)。

日米同盟を理由に自衛隊の軍隊化に反対の人もおる。アメリカとの同盟は「アメリカの都合の良い同盟」であって、ホンマに同じレベルで日本にも恩恵のある同盟ちゃうからね。主導権はあくまでもアメリカ。同盟の有無に関係なく、一独立国家として自国を守る軍隊を持つのは世界の常識なんよ。中立国家を謳ってるスイスでも軍隊はある。アジア諸国が納得せん?そんなん知らんがな。別にアジア諸国に納得してもらう為に軍隊持たへんのも理由にならんでしょ。そもそも、説得するんが外交やし。

で、今後日本領域を侵犯するアホは殺す。そういうことやね。今後拉致被害者を出さんようにするには、それしかあらへん。周りは知ってるんよ、日本は殺さへんって。そやから竹島にも尖閣諸島にも来る。平然と自国の国旗を揚げる。拉致の事実、侵犯の事実が認められれば即攻撃する。これが当たり前。もし拉致した船が日本領域を出たら、それを出てでも追いかける。その国が北朝鮮やったら、攻撃する。それだけのこと。70年代の政府がそういう強行な姿勢を示さんかったこと、拉致事態を真剣に捉え(認めん)かったことが問題なんよ。

北朝鮮は日本にミサイルを撃ち込まへん。そんなんしたって何のメリットもあらへんから。キム・ジョンイルはお山の大将やからね。自国が存在しなくなったら、即効死刑になるんは分かってます。北朝鮮の外では死が待ってると。わざわざ自国の国家が壊滅するようなキッカケを自らが作ることはせん。それはフセインも同じやねん。ただ、違たんはイラクは石油というお金がある地域の国家で、アメリカの大統領がアホ・ブッシュやったということ。お山の大将でええ生活してたのに、「パパ・ブッシュが失敗したその汚名返上!」とばかりに理由もなく来たアホ・ブッシュに殺されたわな。キムはそれを観てるし、同じ失敗はせんでしょ。恐らく。

身を守ることを忘れた日本人が派遣先の国で拉致されたり、誘拐されたりしてます。個人の場合は多大な迷惑をかけつつも、日本人が払っている税金によって国が動いて助け出してくれます。本来は個人が守るべき身なのですが。自らがそういう地域に行くことはそういう身構えや覚悟が必要ということ。では国がそういう地域にいたらどうする?それだけの話し。
スポンサーサイト

過剰反応

メキシコで豚インフルエンザによる死者が確認されたんが4月13日。それから一ヶ月が経過したんやけど、昨晩のNHKニュース。9時から始まって25分まで新型インフルエンザ。それから誠志関連のニュースが5分、裁判員制度のニュースが6分、2つの事件のニュースを5分・・・。ど~もバランスが悪いように感じるんはウチだけか?未だに報道の中心は「感染者数の増加」と「入院」、「死者」についてや。どこの報道番組も「安全性」や「季節型インフルエンザとの比較」、「完治した人」のことを報道せん。時間的な比較したらほぼゼロや。

言うとくけど「感染者数=今入院してる患者数」ちゃうからね。感染者は今まで感染した人の数で、当然治って普通に生活してる人も多いねん。っちゅ~か、そういう人が多いねん。死者はまだまだ少ないねん。で、死んだ人に関しても糖尿病を患ってて、合併症の可能性があるから薬を投与でけへんかったとか、事情があんねん。それをいかにも「新型インフルエンザによる死・・・みたいに報道しよんねん。

「マスクがあらへん」、「マスクがあらへん」って・・・そらあらへんやろ。そんだけ煽ってたら無くなるし、それが目的かとも思える。民放の報道番組のスポンサーが小林製薬とかユニチャームとかやったら、十分考えられるな(笑)。別に何も根拠はあらへんけど、そういう風にも捉えられかねへんくらいの報道熱や。

今回の一連の流れで良く判ったんが、「パンでミックは病気自体が起こすんやなくて、人間が意図的に起こすモノ」っちゅ~ことやね。どういう裏があるか知らんけど、「情報社会」が誤った情報を持つとどれだけ危険か。普段何気に北朝鮮のことを「怖い」とか「危険」とか言うてるし、「すごい」と感じてる人も多いやろ。けど新型インフルエンザの件に関して言うたら、日本も何ら変わらんレベルでマスゴミに操作されてんねん。もちろん、決定的な違いは反論する場があることやけどね。実質反論でけへんかもしれへんけど、捕まったり処分されたりはせん。

人間は本能的に危険から身を守ろうとする。つまり危険には敏感。だから不安を煽る番組はウケる。ただ今回のように本当の危険が無いとわかった時にはどうなるか。「危険ではない」ことを感じるのは容易やないねん。それって痴漢の裁判で「やってへんことを証明しろ!」って言われんのとある意味同じやねん。「やってへんことを証明せぇ」言われてもね。「危険やないことを証明しろ」って言われても証明できません。長期的に統計を取った結果として証明できるけど。今すぐは無理やねんね。
その結果が今の状況。少し危険性が低い報道もされてるけど、とき既に遅し。アホみたいに何処行ってもマスク姿の人がおる。病気がち(新型インフルエンザに関わらず)の人だけマスクをしてたらええんです。

改めてマスゴミがいかにゴミかが判明した事件でした。

ポイント制度の怪

日本に帰ってきて、直ぐに財布をパンパンにしたんがお金やなくて「ポイントカード」。スーパーや家電量販店はもちろん、ドラッグストア、レストラン、散髪屋、CD屋、パン屋に百貨店。まぁどこ行っても「ポイントカード」や。しっかりとしたカードもあれば、薄いペラペラのモンまで。

それにしてもこの「ポイント」。何か得した気になんねけど、はっきし言うてメリットあらへん。そもそもこのポイント制度はお客を「リピーター」にさせる為に開発された制度やね。ポイントが溜まったら、それを使いにまた同じ店に来る・・・。それまでは店頭で「値引き」してたんやけどね。それやったら、値引きしても次の買い物に別の店行くかもしれへんかった。その対策案がポイント制度。けど、それには落とし穴があって、ポイント制度が普及すると結果は同じ・・・ということ。A店がポイント制度を導入して、暫くはリピーターが増えるやろ。けどB店でもポイント制度を導入したら、A店が導入する前の行動パターンに戻るんよ。つまり、立地など利便性や価格で客が店を選ぶようになる。それが今の状況。
どの店に行ってもポイントカードがあって、それぞれを利便性や値段で使う店を決める。ポイントが分散するだけやなくて、財布が一杯になる。

お店にとってはどうなるか。結局ポイント制度を導入するコストが負担となんねんね。結局カードリーダも必要やし、メンテナンスも必要。全ての店舗での運用がオンラインで共有されなアカン。そのコストを負担しても結局リピーターにはならず。意味あるんかいな?結局値引きをすることになってるし。もちろん、ポイントを活用せぇへん人も中にはいてる。カードを無くすんも一つやね。紛失したカードを再発行するにもコストはかかる。けどポイントカードで料金とってるところはあらへん。高機能なカードになれば、なるほど導入コストも上がるし、運用コストも上がる。紛失したり、活用せぇへん人のポイントが多ければ多いほど店舗にとっては嬉しい話やね。

値引き云々以前に、店頭での値引きがあった店と、ポイント制度を導入した店で決定的に違うのは、「店員で店を選ぶ」ことが減ったことやね。「この前無理言うても応じてくれたし、今度はそない無理せんでもええよ」というような会話がなくなった。もちろん、店舗が全国区になったり、海外にまで出展を始めたら、当然店舗にいてる店員がコロコロ変わるんもあるでしょ。そやけど、少なくとも「こいつから買ってやろう」と思える店員が少なからずおったんよ。もちろん、値引きの部分だけやなくて、商品知識やら人柄やら、全部ひっくるめてね。それが最近はごっつ機械的になった。500円のモン買うんやったら、それでもええでしょ。20万円や30万円のテレビや大型家電を買うのにそれは冷たいやろ。

若い人のコミュニケーション能力を嘆く年配者。嘆く前に、こんな社会になってるっちゅ~んも分かったげてな。能力の必要性が減ってきたわけやないけど、求められることが少なくとも社会に出るまでは減ったんも事実。その社会が30年ほど昔に戻る必要があるかもね。

評論家それとも・・・

自動車雑誌を読むと必ず評論家の肩書きを持つ人がコメントしてる。まぁ、それはええねけど、「評論家」って誰?何を評論しようとしてるん?それも自由?
というのも、このご時世自動車業界に明るいニュースは少ないわ。インサイトやプリウスの新型発売くらいかなぁ?あと三菱のiMIEV。まぁ何とか頑張って欲しいモンやね。
基本的に評論家と呼ばれる人は外車を褒める。特に欧州車。VWやBMW、ベンツやPSA。ベタ褒めやね。よくあるパターンが「それに引き換え」論法。日本人に多いパターンで、政治の世界でも多様されてる論法ね。まず海外でどうか。で、それと比較した日本の対応やら製品やらを批判したり賞賛したり・・・。つまり基準はあちゃら(海外)にあるんよね。意識してるかどうかは別やけど。

自動車の話に戻ると、ある雑誌の記事で徳大寺さんが「自動車は趣味だ」と断言してたんですわ。別に否定はせぇへんけど、それが100%でもないのは明らか。欧米では趣味の要素が濃いんかもしれへん。それに所有できる環境にも差があるわな。日本では依然として「一家に一台」のモンですわ。特に北米やったらそれが「一人一台」の世界。ほなら、当然その家族で2台目、3台目となる自動車はもっと趣味の色が濃い選択になるでしょ。当然や。ウチの家の場合、5人家族。ほなら、家族で移動することも考えたらやっぱしミニバンになるんですわ。評論家の多くがミニバンの普及率の高さを嘆くんやけど、家族がいたらそうなるんよ。1台しか所有が許されへん環境で、1台自動車を選ぶとしたら、おのずと結果は見えてるわ。誰がそこでロードスターを買うねん?どこの奥さんが許してくれんねん?少なくともウチの奥さんはアカンで(笑)。
趣味の自動車として、今の販売台数が説明つくか?新車販売で年間500万台。ここ最近は減ってるけど。それに、飛ばせる道路事情もあらへん。その日本の事情を考えて、どこのメーカーが足回りやエンジンに金掛ける?「ドイツ車は足回りの開発に手を抜かない」・・・。そらそでしょ。あちゃらは200キロで走れる環境があるんやろ?そら手抜いたら命取りや。当たり前。「内燃機関の効率化を進めている。すばらしい。」って・・・単に電機・電子の技術では遅れてるからでしょ。得意・不得意があるんよ。日本は機械よりもメカトロ。ドイツはメカ。それだけのこと。メーカーとして得意分野を伸ばそうとしてるんは、どこの国も同じ。その分野がちゃうから言うて「日本のメーカーは」と批判するんは畑違い。内燃機関の燃焼効率は所詮30%そこそこ。頑張っても50%にはならん。の1%の改善に尽力するか、違う技術を取り組んで達成するか。その取り組み姿勢を批判される理由はどこにもあらへん。
「オートマチックの開発は日本のメーカーは手を抜いてる」とか言う意見もあんねけど、市場に求められてへんモン、理解されへんモンを開発してもしゃ~ないねん。トロイダルがそうやったやろ?グロリアに「世界初!」言うて販売したけど、結局高すぎたし。オートマにそこまで金掛けても、市場がその価値を理解せぇへん現実が立証されたにも関わらず、VWやらGetragやZFが開発したオートマが「すばらしい」って・・・市場を観ろ。トロイダルの時の批判も評論家はしてた。「高すぎ」とね。確かに80万円以上のオプション設定は高すぎたんやけどね。

まぁ、評論家と市場のズレはCOTYを見たら分かるわな。COTYに選ばれる車は売れへん言われてるくらいやから。結局評論家が批評する部分と、市場が判断基準とする部分とが全く合ってへん。

自動車メーカーは市場を見て製品を作るし、ユーザーはメーカーの製品を自分の用途に照らし合わせて判断してんねけど、評論家だけ海外を見てる。そんな評論家はいらんね。自動車業界だけやなくて、スポーツ評論家も「海外では」が多い。日本がどうすべきか。スポーツやったら、スポーツがどうあるべきかを考えた上で、「日本では」と論じて欲しいね。アメリカや欧州と同じ方向が正しいのかどうかも議論せずに、「欧米ではこうだから」ではズレが生じる。環境や文化を踏まえたもっとまともな議論をして欲しいモンやね・・・「評論家」を名乗るんやったら。

韓国とのFTA?

え~と、韓国の大統領さんが日本に来てるらしく、何か日本とFTAを結びたいらしいです。何せ韓国は日本との貿易で言うと慢性的な赤字。それを解消すべく、何か策を打ち出したいみたい。

結論から言うたら、「韓国とFTAを結ぶメリットは日本にゼロ」やね。何一つええことあらへん。技術をパクる国やし、そういう文化。ソフト産業見ても同じ。コピーを使うんが「常識」。正規品を使ってたら「え?正規品使ってんの?安くて同じモンが手に入んのに?」みたいなノリ。そんな非常識な国と国家間でやり取りするメリットはありまへん。百害あって一利なし。日本の中小企業が韓国へ進出した時の支援をするとか言うてんねけど、先ず第一に韓国へ進出するメリットを明確に打ち出して、それに納得する企業だけ行くやろね。恐らくそんな明確なメリットは打ち出せへんし、そのタイミングは恐らく90年代にあったんやろうけど、そこから急激に韓国のメリットが失せたからなぁ。液晶とかで日本の技術をパクり放題パクって、あたかも自国で開発したかのような発言や発表するし、その態度を見た多くの日本人は面白く思ってへんのですわ。正直言うて。環境技術で日本と協力して・・・何を?韓国から日本へ提供できるモノは苦情以外にあるんか?一つでも挙げてみ。

日本に対してお願い事するんやったら、恩を仇で返す態度を先ずやめるこっちゃね。自分の立場をわきまえて発言すること。例えば日本海は間違いだ!という意味不明の広告をNYタイムズ紙に出すとか、竹島は韓国だ!とか言うだけは無く、主張するんやったらハーグに行って説明したらええんです。国際裁判に持っていかれたら勝ち目があらへんのが分かって(?)て、言うだけ言うのは世界的に見てもアホやし、傲慢。そう見られてるっちゅ~意識が欠片でもあったら、せんと思うねけどなぁ。

ま、それが「韓国らしさ」でもあるんやけどね。それをやめたら韓国でなくなる。まぁ、日本のことはほっといてくれ。それが正直な気持ちやね。日本もほっとくから。関わりたないし。

草なぎ君復帰

いや~、おめでとう!35日ぶりにテレビに復帰するらしい。

え~~、先ずスケープゴート的な扱いを受けて、ご苦労様でした。まぁ墓穴を掘ったと言われたらそれまでなんやけど、自分がしたことよりももっと大きな扱いを受けたんは予想外やったと思うわ。また復帰の最初は謝罪から始めんねやろなぁ。「ファンの皆様、関係者の方々には多大な迷惑をおかけ・・・」な感じで。あ~~~うざっ!
芸能界のご意見番と言われてる(←これもよ~分らん)和田アキ子も「迷惑をかけたんだから、謹慎処分は当たり前」的な発言をしてたんやけど、誰にどう迷惑をかけたん?公園周辺の住民?公園を歩いてた人?それで言うたら、多くても50名そこそこやんね?それも、他人に絡むようなことしてへんで?そんなん言うたら、その辺にいてる酔っ払いの方がもっとタチ悪い。そやけど、そんな処分受けるか?

ほな、彼が「タレント」やからか?あのね、所詮人間ですわ。タレントであろうが、先生であろうが、代議士であろうが、人間。酒も飲めば博打もするでしょ。そんな中で失敗談もある。タレントがタレントとして、先生が先生として仕事をしている中で大失敗を犯したら、それは処分されるべきことでしょ。「先生なんやから、酒も博打も浮気もだめ」という聖職的な扱いを受けるんやったら、だ~れも先生なんかにならんよ。人間には欠点があることが前提とした社会があらへんとね。

朝日テレビなんぞ草なぎ君に関しては「早く復帰して欲しい」というコメント。アホとしか言いようがあらへんね。ま、草なぎ君、恨むのはテレビ業界いる自分自身にしてね。

テレビと無料

テレビは基本的にタダ。スポンサーがついて広告料を払って、その時間帯に番組を作る。ただ、この方法を使ってたらタダを維持するんが難しい場合が出てくる。それは「スポンサーが狙ってるイメージ」と、「番組の内容」が合わんようになった時。

以前トヨタの奥田氏が厚生労働省を批判する報道が過熱していたメディアに対して、スポンサー降りようか?という報復めいた発言をして話題にもなった(各メディアはそれを批判、擁護することなく、沈黙して流した)んやけど、ズレが大きくなったらこういう問題は出てくるんよ。

で、最近は大企業の社員に向けたアンケートが実施されて、報道番組で支持する番組がどれか明らかにされた。トップはテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」。で、そのあとNHKが2つあって、TBSのサンデーモーニング、5位に再びNHK。ニュースZEROやら報道ステーションやらはもっと下。番組の内容からして、指示するんも納得やね。いらんコメントも少なく、無意味に煽るような報道をしてへん番組。番組としては地味な部類に入るんかもしれへんけど、それが吉とでた。

問題はここから。各マスゴミはこの結果を受けて、番組の趣向を変えるんか。今まで通りに「数字」だけを追っかける報道番組を続けるんやったら、キャスターもど素人、ジャーナリズムの欠片も分ってへん可愛い女子アナを起用して、大したことでも無いのに眉間にシワ寄せてもっともらしく喋るコメンテーターをつけ、アシスタントにジャニーズを起用。それでええんちゃうかな。ただそれやったら、スポンサーが付かんようになるかもね。事実を伝えることに専念した番組を作れば、制作費も必要ないし、スポンサー探しも楽。そういう現実が浮き彫りになったアンケートなんよね。

草なぎ君の話ん時にも書いたんやけど、報道、スポーツ、歌、バラエティ、どの種類の番組観ても(テレビは観ない方やねんけど)出てる顔は同じ。それじゃ~ね。もっと専門性を持った人を育てて行かんと益々報道が信用されんようになるで。今でも十分信用されてへんけど。

「女子アナ」とか「アナドル」とか言うてる場合ちゃう。可愛いだけでクイズ番組出るアホはもうええねん。もっと中東和平の問題とか、燃料問題のことを真剣に伝える、考えを持つ、ドキュメンタリーを撮る・・・そんなジャーナリストを育ててくれ。

バラドルでアホな番組したいんやったら、有料放送で勝手にしたらええ。それで数字も取れて、採算の取れる事業になるんやったらね。ならへんねやったら、その程度や。直ぐ止めなはれ。

高速道路1000円の効果

始まったGW。恐らく今は未だ「高速道路が昨年比で渋滞が増えた」など新しい休日の料金体制の影響を伝える報道が多いと思うねけど、恐らく批評・批判が出てくるやろね。GW明けには昨年のGWと比較した報道が出てくるやろうし、集計が出てくるからな。
それにしても、普通に考えたらおかしいやろ、この1000円の制度。疑問ばっかしや。例えば対象となる車両は普通車のみ。何で?何で運送業などの長距離トラックは対象外なん?で、何で休日のみ有効なん?法案としてこういう消費に関わる部分を決める場合、通常ならば「平等性」を考慮せなアカン。その観点から考えたら、後の「何で休日だけ?」という部分は重要。何故なら、皆が土日を「休日」としてへんから。サービス業に関わっている方々の多くは、土日が稼ぎ時。経営者からすると、その日に従業員にはたくさん出て、稼いでもらわんとアカン。ということは、この人たちは1000円の恩恵を受けられへん。不平等でしょ。誰がどう説明するんやろね?「すまん、サービス業の方々には申し訳ない」とでも政治家が言うんやろか?言う政治家が一人でもおるんやろか?少なくとも自民党にはおらんやろね。

GW明けには公共交通の集計で「軒並みダウン」が発表されるやろね。普通に考えたら新幹線で家族4人で数万円かかるところが、ガソリン代込みで1万円とか2万円で行けたら、そっち選ぶわな。運転手は大変やけど。フェリーにしても、飛行機にしても。

対象が普通自動車のみの部分で言うたら、今これだけ環境対策が求められてる世の中で、一般のサンデードライバーにもっと運転するように仕向けてどないすんねん?CO2の排出量を減らす目標があったんちゃうんか?で、その大きな割合を「運輸」が占めてるんちゃうん?ほな、その割合をもっと増やしたいんか?メーカーはそれでなくとも排出ガス規制に対応するために巨額を投じてハイブリッドやらクリーンディーゼル、電気自動車を開発してんねやろ?一般ドライバーは今まで通りでええやん。平日のトラックを対象に1000円にしたら、その恩恵は運転する人、しない人に関わらず物流という形で受けることになる。その方がずっと理にかなってる。

前にも書いたけど、日本の高速道路はそもそも日本で所有されている乗用車を普段から流せるほどのキャパはあらへん。そういう造りになってへんねん。高速道路が基本2斜線で、出口降りたら直ぐ信号という造りではそないに台数さばかれへん。降り口から本線にまで信号に引っかかった車が連なることになる。ほなら、残りは一斜線や。その出口の渋滞と気付かなかった下手糞ドライバーが無理に割り込もうとしてたら、そこで高速が「鈍足道路」や。

民主党が訴えてる「高速道路タダ」も現実的やないな。確かに海外の高速は安い。無料とか言うてる国もある。そやけど、現状はメンテナンスができてない、ガタガタの道路も多い。アメリカなんか結局「補修の予算が無い」とかで問題になってんねん。道路は傷む。タダにして交通量が増えたら、痛む箇所も増える。ほなら、それなりの予算が必要になる。それを捻出できるか、どこからするか。単に「無駄を無くせば大丈夫」では説得力に欠ける。もっともっと数値で示さんと。

更なる高速道路の建設にゴーサインが出た。これもおかしい。今後日本国内で所有されてる自動車の台数は減る。人口も減る。そんな世の中で、何で高速道路が「景気対策」になるんや。悪いけど、建設業は減ってもらわなアカン。これはしゃーない。建設業を守るために税金投入するんはおかしいやろ。大票田なんもわかるけど、ええ加減に「もう無理です。建設業を辞めはったら?」と言える政治家はおらんもんかね?


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。