スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタのリコール

前々回にトヨタの380万台を対象にしたリコールを取り上げたんやけど、やっぱし怪しいみたいやね。リコールが発生した北米でもやっぱし、「何で?」という話になってるみたい。
自動車専門サイトの「The Truth About Cars」ではスタータースイッチが問題との見方も紹介してる。ボタンでスタートできる車種が日本と欧州に増えてるんやけど、結局暴走した時にエンジンを切ることが咄嗟にできひん。物理的な鍵でエンジンをスタートさせてたら、「鍵を抜く」ことでエンジンが止まるって直ぐ理解できんねけどね。
どうやら、ボタンスタートの場合、Windowsで言う電源スイッチの長押しみたいなんがあるらしい。スタートボタンを連続3秒間押し続けたら、エンジンが切れるんやって。全然知らんかった。恐らく乗ってる人も知らんと思うねん。問題はそこやね。あと「3秒」の設定。これが十分なんかどうか。例えば高速道路で120キロで走ってた際に暴走し始めたとして、エンジン切るまで3秒かかったら33メートル進む。早い車の場合、暴走し始めて3秒あったら20キロとか30キロとか上昇するからね。ほなら150キロ近くになる可能性も十分ある。んでからエンジン切ってブレーキ・・・という流れになっても、120キロからブレーキするんとでは全然ちゃうからね。制動距離もトータルで見たら全然ちゃうし。
今までのキー操作がベストとは言わんけど、有る意味理に適ってたんかなぁ。それともその動作を「当たり前」に学習した人間の慣れなんか。非常停止スイッチの設置なんかも可能性はあるけど・・・咄嗟に操作できるかどうか。正常時に誤って押す可能性もあるし。

教訓: 人間は極力繰り返し動作に持ち込もうとする。その動作は時に判断を見誤らせる。危険を伴う装置や機械の動作は、人間の操作性を極力尊重させる必要がある。
スポンサーサイト

言うたモン勝ち

オバマ米大統領がノーベル平和賞を受賞した。その受賞理由は:
「オバマ氏が国際的な外交と人々の協調を推し進めるため並外れた努力をしている」「オバマ氏は大統領として、国際政治の場に新たな環境を生み出した。多国間外交を再び中心に据え、国連やその他の国際機関の担う役割を重視した」「核なき世界の構想は、軍縮と軍備管理交渉を力強く推し進めた」「オバマ氏が主導権を握ったことで、米国は世界が直面している深刻な気候変動に対処する上で、より建設的な役割を果たしている」「オバマ氏ほど世界の注目を集め、世界の人々により良い将来への希望を与えた人はほとんどいない」「委員会はオバマ氏の『今こそ地球規模の課題には地球規模で対応し、責任を分かち合うときだ』との訴えを支持する」(共同電による訳の抜粋)

ふ~~ん。読んだだけでは「何故」平和賞を受賞できたんか、受賞に相応しい人物なんか、全く不明やね。「国際的な外交と人々の協調・・・」って、単に今までアメリカが無視してきたからでしょ。今更何を言うてんねん。世界は協調しようとも、足並みを乱してたんはアメリカ。で、アメリカが足を揃えて来たからってノーベル平和賞はないでしょ。

更に「核なき世界の構想は・・・」って、世界で争うくらいに核兵器を持ってる国の一つがアメリカでしょ。廃絶なんか有り得ません。今のイランや北朝鮮を見たらわかるでしょ。「核の抑止力」がどれだけ強力か。「やめましょう!」って言うたところで、止めへんねん。誰も。止めるわけないやん。周りが言うこと聞くんやし。んでアメリカも廃絶せんでしょ・・・今更。

でも言うたから「ノーベル平和賞」って。今までもノーベル平和賞には疑問符が付く受賞者も多かったね。最近で言うたらゴア元副大統領。あれだけ二酸化炭素を排出してるアメリカの、元副大統領の立場の人間で、「温暖化ガス排出の危険性を世界に訴えた」って言うだけでもらえたんやからなぁ。結局当時京都議定書にもサインしてへん国や。それ以外にもアラファト議長とか、カーター大統領、金大中。

正直言うて、政治家をノーベル平和賞の受賞対象者にしたらアカンわ。それぞれの国や立場の中での発言が多いし、結果が伴わん場合も多い。そんなんで「期待できる」から言うて受賞言うんもおかしい。もっと世界が納得する選出をせんと、ホンマに「平和やなぁ」って思われるぞ。

怪しい・・・

トヨタが北米でアクセルが戻らへんっちゅ~理由で、380万台のリコールを検討しているっちゅ~んがニュースで流れた。いや、ニュースで流れたんはあたかもリコールが決まったかの内容。けど、リコールになるかは未だ調査中で、トヨタ自動車も調査には全面協力するとだけ発表してるんよ。ま、マスゴミの報道の内容についてはここではあえて言わんとく。いつものことやし。このリコールの怪しさを自分が感じた点を幾つか挙げる。

フロアマットがズレてアクセルが戻らへん。そういうクレームやね。普通に考えたら、市販されてる自動車の大半がアクセルやブレーキペダルは上から垂れ下がった構造になってる。で、クレーム内容は「戻らない」。踏み込んだアクセルが戻らへんっちゅ~ことは、つっかえるくらいにマットがギュウギュウに押し込まれてることが条件になる。フツーに考えて、そんなことは起こり難い。確かにマスゴミに指摘されてる、マットを固定している(筈の)爪が弱くて、前方向にマットがズレてる可能性はある。けど、運転者の責任としてペダル周辺に障害物があるか無いかを確認するんも当然。例えば子供がいる家庭やったら、ボールとかが転がってへんことを確認するんは運転者として当然。これは対象がマットとかボールに限定せず、運転の妨げになる可能性があるモンは事前に排除しておくっちゅ~んが責任やから。で、もしホンマに運転中にマットが爪から外れて、ペダルが戻らんようになる(←ありえるんか?)までギュウギュウに前に移動する可能性があるんか。まぁあらへんやろね。

因みに、ウチのStepwgnは標準のマットの上に更にマットが乗ってるんやけど、そのマットは爪も何もあらへん。単純に乗ってるだけ。前に移動するけど、ペダル操作に異常をきたすことは一度もあらへん。もちろん前に移動してるんが分かったら戻すようにしてるけど、前に移動してた状態でも運転は何ら問題なくできる。

考えられるんは、運転者がマットをペダルに被せてた可能性があることやね。これやと話は全く別。爪が壊れてようが、無かろうが、操作に支障をきたすのは明白。そやけど、もしこれが事実やったら、トヨタは何もでけへん。運転者が悪いわな。

どなして捜査するんか知らんけど、構造上ペダルが戻らんっちゅ~んはちょっと怪しい。しかもフロアマットが原因で・・・。マスゴミもしょ~もないコメンテーターを出演させるくらいやったら、常識的に先ず調査中やっちゅ~こと、構造上考えられ難いことなんかをコメントしてもええんちゃうかな。もらった情報を単に流すだけやったら、マスゴミはいらん。

あ、別にいらんねやった。忘れてたわ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。