スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加しましょ

TPPへの参加で日本が揺れてるね。え~と、正確には日本国政府内が揺れてるね。
さっさと参加したらええのに。はっきし言うて、参加せぇへん理由が分からん。まず反対派の政治家が言うんは、日本の農家が困るっちゅ~論理ね。TPPに参加したら、安い海外の農作物が輸入されて、日本の農家は破綻する・・・っちゅ~んがその根拠やね。ほな、聞きますが、今は破綻してへんのですか?農家に対して「補助金」として血税が使われてへんか?言い方悪いかもしれへんけど、既に破綻してますわ。そんな農業を更に保護して何になる?まぁ政治家への清き一票になるかもしれへんけど、それ以上の何の価値もあらへん。
TPPへの参加は日本の農業が変わるええ機会なんですわ。っちゅ~か、最後の機会っちゅ~ても過言やないでしょ。今までも散々農業改革を試みて(?)来たけど、結局何一つ変わってへんからね。このチャンスを逃したら、日本自体が世界経済の地図から消滅するやろね。

何でか。TPPは何も農業だけに限定されへん。産業も恩恵を受けるんよね。日本は輸出で外貨を稼ぐ仕組になってるわな。ほな、日系企業の多くは世界に向けて日本の製品を売って、利益を得てるわけ。TPPに入らんかったら、日本のメーカーが韓国や中国、台湾のメーカーに対して不利な条件になるっちゅ~ことや。で、不利になったらどうなる?当然売上げが下がる。売上げが下がったら、納付する税金も減る。税収が減って、且つ農家を守るってか?先ず成り立たへんのは明確やろ?

農家は守ってもらうことが前提になってんねん。そやから最近の新米価格の下落があったんよ。あれは若干の不作もあったんやけど、実際は「儲からんでも補填されるんやから、もっと値段下げてよ」って声に応えた結果の値下がり。つまり「補助金を受け取る」ことが大前提の農業なワケ。どうするよ?こんなアホ農業。

その時代に沿った産業を育てる必要があるんよ。例えば昔は生糸の時代があった。鉄鋼の時代も、造船の時代もあったんよ。けど、その「時代」が終わったら、その産業に携わる人口も減るんよ。当然。農業人口も減ってるんやったら、もっと大型農業ができるような法整備をするとか、もっと価格競争力をつけられるような環境を整備するんが政府の仕事ちゃうか?保護するんやなくて、どう成長させるか。雑草のような小さい農家はもう辞めてもらって、近くのしっかりした木に栄養を渡す。

アホの農林水産省はTPPに参加したら日本の国内自給率が十数%にまで下がるとかほざいとるけど、んなワケあるかい。例えばお米が海外から安くで入ってきたとしても、日本人の多くは買わへんわ。不味いし。農家を守ること、自分の一票が欲しいが為のデータはいらん。

ま、政治家にとっては今の一票の方が先の「国」よりも大事なんやろうけどね。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。