FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市場価格と本当の価値

アメリカ政府によるトヨタに対する公聴会が近く開かれんねけど、こういう事態になった背景には何があんねやろ?ウチ個人的にはトヨタが米マスゴミにスケープゴートにされてる気がすんねんね。リコールの台数かって2位のフォードとそないに差があるわけでなし。今回の問題の一つであるブレーキも、同じメーカーからフォードもPSAも購入してたし、リコールも出した。けど、その辺はおとがめなしや。チラッとCNNを観た時にはレポーターが「東京から数時間も離れたこのような場所で…」みたいな報道してたんよ。正直CNNには失望したね。別に期待してたわけちゃうけど、余りにもお粗末なレポートやった。大手企業がリコールに関連してメディアに対して記者会見を開く場合、通常、常識的に考えたらその企業の本社で開かれるわな。例えばGMが同じような問題を起こしたとしよ。ほなら、記者会見はデトロイトですわ。まず間違いなく。それが名古屋やと何故アカン?来い。来る気があらへんねやったら、来んでええ。そんなしょ~もない愚痴をこぼすくらいやったら、最初っからトヨタをアメリカ市場に入れるな。

ま、それはさて置き。今回の公聴会で証言する被害者は、アクセルが戻らなくなって事故を起こして死亡した家族の遺族。ま、それもええねけど。今回の騒動でやっぱしよ~耳にするんが、「どないしたら、こんな事態を防げるか」なんよね。で、ウチはこの発想こそが危険やと感じてんねん。っちゅ~のは、ウチが思うのはユーザーもメーカーも「事故は起こる」っちゅ~ことを前提とせなアカンねん。事故は起こる。例えサプライチェーンにある各企業が不良品をゼロにできたとしても。それは使用の中で予期せぬ事態が発生するから。んで、それらを全て予測・予防することは不可能やから。

別に今回のことに限らず、今の世の中は全て「防ごう」とするんよね。「治療よりも予防」みたいな。そやけど、今の人間は基本的にその「予防」された環境に慣れ過ぎて、何も自分で事故を回避することがでけへんようになった気がすんねん。この事故で言うたら、アクセルが戻らない、加速し続けるって分かったら、普通にニュートラルにして路肩へ寄せたら良かってん。それだけや。ニュートラルに冷静に入れられるか。そやけど、車買う人の誰一人と取扱説明書なんか読まへん。ニュートラルなんか使ったこともあらへん。オートマやと特に。その判断がでけへん人が、運転に適した人かっちゅ~たら、甚だ疑問やね。もちろん、もし車の不具合によってそういう状況になるんはアカン。メーカーの責任もある。けど、100%は無理っちゅ~前提で生活してたらこんな大事にならんかったと思うねん。

車を乗る人で、どれだけの人が自分でタイヤ圧を計ったり、LLCの量やオイルの色を見て点検してる?今やほんの数%のマニアレベルや。もし車が異常を起こしたら凶器となるっちゅ~発想があらへんのよ。危機管理が全く機能してへん。で、何か起こったら全てメーカーが悪い。となったらメーカーは何も作られへん。少なくとも、安価ではね。

こういうことを加味したら、このトヨタの件は車の本当の価値はどこにあるのかを問う良い機会やと思うねんね。1億2千万人の人口の日本で、年間500万台(ここ数年は下回ってるけど)売れてるわけ。ざっと5%。毎年。ここまで必要としてる人口があるか?ホンマは必要あらへん人まで持ってへんか?車は高根の花で良かったんちゃうか?

言うときますけど、「安全性」や「信頼性」はあくまで結果なんよ。ホンマにある製品が安全かって証明しようにも、実環境で使ってもらって、10年なり経過したあとで初めて「安全やった」と言えるんよ。パソコンもそやね。MS7もセキュリティパッチやら、アップデートやらあるわ。発売当初に分からんかったんかっ!?って今さら怒れるか?確かに微妙な線引きなんも分かるけど、メーカーに「安全を保証しなさい」って言うてしもたら、メーカーは売るモンがなくなるわ。少なくともモデルチェンジがでけへんようになる。トヨタ以外のメーカに対しても、「ほな、あんたのECUはバグ一つもなく安全ですね?」と聞いて、「間違いなく安全です」と言い切れるメーカーはあらへんと思うわ。ましてや、今各社が急いでトヨタに追いつこうとしているハイブリッドや電気自動車ではね。まだ実績がゼロの車両に安全を保証なんぞできません。

乗る人、使う人がもっと自動車のことを理解して、感触を身体で感じることをせんと、こういう事故は続くわ。間違いなく。で、こういう観点は別に自動車に限らず、全てにおいて重要なんよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。