スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パロマ湯沸かし器の判決について

5月11日にパロマ湯沸かし器による死亡事故の判決が出たんやね。注目はメーカー責任がどこまで問われるか、トップにまでその責任が問われるか、やってんけど、結果としてトップまで責任追及されたね。

ちょっとメーカーにはキツい判決内容になった気がすんねんなぁ。判決は修理業者の間で横行した不正改造が原因にも関わらず、それを「不正改造の横行を知り、事故を予見できたのに必要な安全対策を取らなかった」として有罪。問題は「横行」と「予見」。この二つの言葉はどっちも曖昧なんよね。何を持って「横行」してるって判断するんか、「予見できた」と判断するんやろか。

メーカーはメーカーとして異常時には安全側に動作するようにと「フェイルセーフ」の考えで製品を作りました。修理業者がその装置を意図的に解除した。で、その責任がメーカーにあると。

この判決から言うと、フェールセーフの機能を持たせたところまでは良い。んで、その後。修理業者が装置を意図的に解除したんやけど、ほな、それをでけへんようにすることになるんよ。で、それって結局イタチごっこになる気がするんよなぁ。基本的に「フェールセーフ」は機械的に確保せなアカンねんね。何で言うたら、ソフトに「完璧」があり得へんから。ソフトには必ずバグがあるし、バグが「ない」ことを証明することが難しいから。となると、物理的に触れへんようにするとか、せなアカン。ほな、コストを上げられるか。それは無理。

何度となくここでも書いてんねけど、最低限ユーザーにも責任を明確化する必要があると思うんよね。炎を燃やす器具を室内で使うんやったら、一酸化炭素には注意せなアカン。そんなんある種「常識」ですわ。それは、別にメーカーが一酸化炭素を検知したら装置を止めるって機能を持たせる、持たせへん以前の問題としてやねん。メーカーがメーカーとして機能し続けるには、ある程度の責任をユーザーにも明確にして持たせんとアカンねん。

「何としてもユーザーを守る」ことも本能を退化させることにもなるんよね。どんどん危機意識のあらへん人間がこのままやったら育つ。その方が危険なんやけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ですねえ。
最近の世の中は「ごねたもん勝ち」だと思うんです。
それって、常識の範囲外ですよね。

そう言うやり方って、非常に凄い恥ずかしいことだと思うんですよね。
「自分には常識がありません!」って言うてるようなもんだと思うんですよね。
そんなのが常識になりつつある世の中。
う~ん困った。

責任感の欠如から来るんですかねえ。
自分の言動、行動に責任を持てない。
だから人のせいにする。
いわゆる「モンスターペアレント」とかが典型ですかね。

さんきゅです

お久しぶりです。ICHIさん元気?
こっちはいきなり四月から台湾営業担当になって、えら忙しいんです。
ま、楽しさもあるんやけどね。

メーカーに勤めてたら必ずいてるわね、クレーマー。

ただ、困ったことにそれを「普通」として、メーカーは対応せなアカン世の中になってるんよ。
けったいな世の中やわ。ホンマに。

とりあえず、そんな大人にだけはならんように気ぃつけましょ・・・お互いに(笑)。

今月末はアースライド京都に参加しま~す。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。