FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形振りかまわず・・・

引き続き車ネタ。
EUは自動車産業に対して救済支援策として4兆8千億円を投入すると発表したね。アメリカはアメリカでBIG3に対して2兆5千億円を低利融資することを決めてる。で、更に追加を検討中(オバマさんの初仕事?)。その追加分に関して、EUはWTOで提訴することを検討しているというニュースもある。

こヤツらアホやろ??EUにしてもアメリカにしても、名目は「環境対策」で、環境技術に関しての融資という話になってるけど、何が自由経済じゃい。あのねぇ、基本的に政府が(特定の)民間を支援したらアカンの。で、一方で排気ガス規制をかけるんやろ?何かキナ臭さを感じるんはウチだけか?

結局、排気ガス規制を盾に輸入車を制限したいだけやん?守ることを前提に、自国のメーカーがその技術を確立させなアカンから、そこに支援する・・・。それって自由経済を謳う各国がすることか?セコいねん。で、中国やインドから来るであろう低価格車に対して「それは・・・排気ガス規制に適合してへんから輸入は無理」って正当化するだけやろ?

そもそも、排気ガスが温暖化に与える影響なんぞ把握してへんやろ?マスメディアを使って、不安を煽ってるだけやろ。

欧米人(特に欧州)は基本的に自分等が中心やないとアカンからなぁ。特に東洋の人間を見下してる感があるから、東洋人がスポットライトを浴びることは許されへんねん。例えばル・マン24時間耐久レース。あの有名なレースもそう。1991年にマツダが787Bというマシンで優勝したんよ。それが気に入らんかったんやろな、当時のACLの会長の逆鱗に触れたんやろなぁ。翌年からレギュレーションの変更で、ロータリーエンジンは廃止。一方、2006年に優勝したアウディはディーゼル車。翌年にレギュレーションは・・・当然変更されず、そのままディーゼル・アウディが今年まで3連覇。

う~~む、何かがおかしい(笑)。

皆さん、簡単に「グローバル」言うけど、こういう相手と戦うことを意味するんやで。相手は政治も含めて形振り構わず攻勢をかけてくるからね。とりあえず見下されてるから。欧米人に憧れるんもええけど、本性を知った上で付き合いましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。