FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの自動車産業

GMが破綻したね~・・・やっと。正直言うたら25年遅かったね。80年代に清算しといたら良かってん。GMにとってGolden Ageは1970年までやろうね。議会でも「GMに良いことはアメリカに良いことだ」って言われた時代。まぁそこから見事に時代の流れを読めへんかった(意図的に読まんかっただけ?)ね。オイルショック後の輸入車に対抗するんも政治的な力に頼ってたしね。ま、その辺は皆さんも新聞やマスゴミで読んだり聞いたりしてるやろうから、この辺で。

ところでGMに代表される自動車産業。どうなんねやろね?このままの状態が続くんやろか。今までの歴史の流れを見たら、自動車は「富の象徴」でもあり、「移動手段」でもある。比重はというたら「富の象徴」の色の方が濃かったと思うねん。そんな高級車っちゅ~わけやなく、「こんなええのん乗ってます」調のね。だから税金もあれこれと徴収される。特に日本はね。日本では未だに税制上は「贅沢品」やねんね。

ところが実際のところ、自動車にそんな価値を認めへん風潮が最近ある。都市部に住んでる人からしたら、「車なんかいらん」という話。確かにその通りやねん。普段の生活で毎日車使ってる人言うたら少ないで。特に都市部は。俗に言うウィークエンドドライバーね。土日だけ運転する。ほなら、年間で100日程度しか運転せぇへんモンに、駐車場代やら税金やらを負担しまっか?特に金融危機が始まってからは「いや~」やろね。「いや」とは言わずとも「できれば負担したない」というのが正直なとこでしょ。

ただ自動車の役割としては魅力あると思うねん。その魅力に価値が伴わへんかもしれへんけど。要は自動車がA点からB点へ移動する手段。2次元の移動手段で、雨・風しのげるんは自動車だけやね。ただ、雨・風さえしのげるんやったら、バイクでも位置づけとしては同じになるかもしれへんね。

今後「自動車産業」はどないなるか?ふと思たんは、自転車業界と同じになるんちゃうかなぁと。自転車もペダルでこぐような形になったんは150年ほど前。それから進歩を続けてきたんやけど、価格は暴落。昔は金持ちの乗り物やったけど、今では庶民の味方。歴史あるメーカーもあれば、新興メーカーもある。市場には「ブランド」と「ノン・ブランド」が混在。シェアで言うたら、ブリヂストンやらパナソニック、丸石などブランドが40%。つまり市場の6割はノン・ブランド。今はその数値がもっとノン・ブランドが増やしてる言う話。

自転車は最初「乗ること」に価値があってんけど、今では「単なる移動手段」で「ママ・チャリ」とまで呼ばれるようになった。自動車はどうか。同じように「ママ・カー」になるんか。恐らく時代はそっちに向かってるでしょ。もちろん駐車場や道路の広さとかから問題もあるやろうけど。当然静粛性や音楽システムみたいに移動途中の性能に拘り続ける人もいてるでしょ。けど明らかに少数派になる。90年代にはオートバックスのようなカー用品店が賑わってた。カロッツェリアやケンウッド、アゼストのカーステレオやシールが流行る時代やった。それが今ではナビ。ナビでもディーラーオプション、メーカーオプションで殆どが売られてて、カー用品店では売れてへん。

極端な話やけど、自転車にロードレーサーもあればママ・チャリもあるように、スピードレンジでもっとバリエーションがあってもええんちゃうやろか?現状やと軽自動車でも130キロとか出る。それを街乗り限定で例えば70キロくらいにまで抑える。もっと寸法は軽自動車と同じかもっと小さくてもええ。そんなコンセプトでもええんちゃうかな。もちろん税制も軽減されんとアカンけど。で、こういうコンセプトを実現しようとしたら、既存の自動車メーカーやと無理やね。いろんな装備を省いてピラミッド構造をもっと小型化した業界ができる。実現できたら市場規模全体の数割をこういうメーカーが占めるようになるやろね。もちろん、中国やベトナムの超軽車両が入ってくるやろね。日本のメーカーは同じようなラインアップを維持したとしても、大幅な減産が求められるやろね。

こんな感じかな?まぁ~要注目ですわ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。