FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際水連の怠慢

ここ数年話題になった競泳水着。結局男子の競泳水着は腰から膝上までの丈・・・って決まったみたいやね。そやけど、それが有効になるんは来年から。ほなら、今年中は大丈夫っちゅ~ことで、各社競って早い水着の開発と、それを欲しがる選手が群がってる。何ともおかしな世の中で。何度となくこのWCCでも言うてますけど、国際水連は何をやってんの?誰の為の集団?選手?スポンサー企業?競技そのもの?結局スポンサーに頭が上がらんマスゴミと一緒やねんなぁ。
競技は基本的に「選手」が競うべきで、「道具」が競うんとちゃう。「道具」が競うんやったら、同じ条件で同じ選手が色々な道具を使って「比較=競争」したらええ。そうやない。中心はあくまで選手。ほなら、選手同士はほぼ同じ条件やないと平等やないわな。それから言うたらあの水着はおかしいねん。最初っから。ましてや、その水着を提供したメーカーが、国際水連の主スポンサーのスピード社やったら尚更や。いかにも欧州ではありそうなことやけど。で、さらに問題を大きくしたんが、その仕様が明らかにされへんかったこと。例えばスピード社の競合がより良い水着を提供して記録が出ても、それを非公認水着として却下。記録までも未公認とした。ほなら、何がどうアカンかって、基準値がどれでっていうんを公開せなアカンのとちゃうか?公開はせんけど、その水着は規格に準拠してへんので記録も未公認です・・・っておかしいやろ。
で、そんなこんながあって、結果水着の大きさを決めるに至った。それもアメリカ側から提言があって。大多数が賛成したらしい。まぁ当然やろね。ただ来年から・・・っちゅ~んが納得いかんけど。ベンジョンソンの100m世界記録と同じやね。ドーピングと何ら変わらん。
欧州はええ加減自分等の傲慢さに気付くべきやし、それを私的せなアカン。自動車レースん時でも書いたけど、その辺はアメリカの方がええね。より平等さを重視する。FIAにしてもFIFAにしてもオリンピック協会にしても権利欲の塊みたいな集団やからね。

良くも悪くも水着騒動には終止符が打たれる。来年からは「どこの水着が優勝?」やなくて、「誰が優勝?」ってまともな会話ができそうやね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。